すべて

英語力をつけるなら2カ国留学。初心者でもグンと伸びる最短学習法

Unsplash / Pixabay

ワーホリや留学を目指す方が1度は聞いたことがあるであろう”2カ国留学”。実際にどのくらいの英語力が付くのか気になりますよね。今回はフィリピン留学の基礎情報のご紹介と、わたし自身のフィリピン留学の経験から感じた、2カ国留学の魅力をお伝えします。

ワーホリ前の事前準備

なぜ2カ国留学が人気なのか、その理由はズバリ”英語”力”の向上にありまます。ワーキングホリデーや留学に行く人が、英語が得意な人とは限りません。仮に、英語の基礎的な知識がない状態で英語圏へ留学しても英語力の伸びはあまり期待できないのが正直なところ。

「じゃあ、ワーホリじゃ英語は伸ばせないの?」と不安に感じるますが、
じつは”事前準備”さえしっかりしておけば、たった1年のワーホリであっても英語力はグンと伸ばすことができます。その”事前準備”にピッタリなのが留学・ワーホリ前のプチ留学(2カ国留学)なのです。

渡航先はフィリピンが主流

2カ国留学の1つ目の渡航先として多くの方が選ぶのがフィリピンです。その主な理由は、フィリピン人の約9割が英語学習者であること、物価が日本の3分の1でリーズナブルなこと、リゾート地として観光も楽しめることなどが挙げられます。

最大の魅力はマンツーマンレッスン

フィリピンをはじめとするアジア圏の語学学校の授業スタイルとして、最大の特徴であり魅力でもあるのが”マンツーマン”の授業スタイル。日本でもなかなか受けることのできない、教師1人につき生徒1人という贅沢な環境で英語を学ぶことができます。

分からない点は自由に質問できますし、個人的に強化したい点があればその意向に沿ったカリキュラムの選択も可能です。周りのレベルに合わセル必要もないので初心者でも安心して受講できます。

平均的にかかる費用

1ヵ月のフィリピン留学を想定した場合の大体の予算は以下の通り。大きく4つの費用に分けられます。

【日本で支払い】
(1)1ヵ月分学費(2人部屋の寮代込み) 16万円

【現地で支払い】
(2)SSP(特別就学許可書)や光熱費等の諸経費 3万円
(3)現地での生活費 4万円
(4)航空券代 6万円

以上をまとめると、1ヵ月で30万円前後です。
選ぶ学校や、滞在先のタイプや部屋の人数によって費用は大きく変動しますので、ご自分の予算に合わせたプランを考えてみましょう。

海外保険はクレジット付帯でOK

プチ留学は大体の方が3ヵ月以内の滞在なので、クレジット付帯の保険を使うことができます。ただ、クレジット付帯の保険内容だと、携行品や怪我に関する補償が充実していないことがほとんど。こういった場合は、ほしいプランだけ補充ができる「ONOFF保険」がおすすめ。

クレジット付帯+「ONOFF保険」を使うだけで、通常の保険を申し込むよりも2〜3万円ほど節約することができます。

2カ国目にオーストラリアが人気な理由

フィリピン留学の後にオーストラリアを選ぶ方は多くいます。その理由は、フィリピンからオーストラリアのアクセスが楽なのでそのまま学校卒業後に直行できること。また、オーストラリアに拠点を置く留学エージェントがフィリピンの語学学校を経営しており、セットプランで比較的に安くで二カ国留学でできることなどがあります。

フィリピン行きの航空券を買うなら

フィリピン行きの航空会社は以下の3つのみです。選ぶ会社によって値段が大きく変動するので気をつけてください。

(1)セブパシフィック
フィリピンのLCC。成田、中部、関空発着。セールあり。

(2)フィリピン航空
フィリピンの航空会社。往復6〜7万円前後。

⑶ ANA/JAL
日本の航空社。成田、中部、関空、福岡発着。価格はやや高め。

おすすめのフィリピンの語学学校

実践体験を通して英語を学ぶ【全力留学】

座学だけでなく体験を通して生きた英会話を身につける新しいスタイルの留学学校。総敷地面積1haの緑豊かな環境が魅力。敷地内では、家庭菜園をやっていたり動物がいるのだとか。

【学校の特徴】
・場所:ドァマゲテ
・住環境:全寮制
・費用:1週間75,000円〜
・その他:親子留学可、日本人スタッフ常駐



学費・宿泊費0円の格安留学【0円留学.com】

なんと、学費と滞在費が0円という夢のような語学学校。必要なのは入学金や光熱費、教材費などの諸経費のみ。ビジネスパークと呼ばれるセブ島の中でもビジネスの中心街に位置しており、徒歩圏内にコンビニやショッピングセンターがあるのでとても便利。費用面などが気になる方はまず問い合わせてみよう。

【学校の特徴】
・場所:ゼブ島
・住環境:全寮制
・費用:諸経費のみ(詳しくはHPをチェック)
・その他:日本人スタッフ常駐、セブ中心地



セブ島格安英語留学【ガチ留学.com】

先ほど紹介した「0円留学」と同じ学校が運営する別プランです。こちらは1日に最大8時間マンツーマンレッスンが受けられるその名も【ガチ留学】。寮やドミトリーではなくキレイなホテルに滞在できるも魅力的です。

【学校の特徴】
・場所:ゼブ島
・住環境:ホテル
・費用:1週間39,999円~
・その他:日本人スタッフ常駐、セブ中心地



【1日10時間のスパルタも選べるNILS

セブではまだ少ない日本人経営の語学学校です。 日本語を話せるスタッフが多数在籍しているため、学生のサポートが非常に充実しています。学校自体は、ITパークやアヤラモールへのアクセスが便利なセブ市内中心部にあります。学校は非常に綺麗なオフィスビル内、寮も新築の建屋ですので、非常に綺麗な内装になっています。

【学校の特徴】
・場所:ゼブ島
・住環境:全寮制
・費用:1週間73,000円~
・その他:親子留学可、日本人スタッフ常駐、セブ中心地



ヒューマンアカデミー運営の【フィリピン留学】

資格教育のオアイオニア「ヒューマンアカデミー」が提携している語学学校。海外留学事業への進学サポートにも力を入れている会社なので、ゆくゆくは留学をしたいと考えている方にはおすすめです。

信頼のある10校と提携を結んでおり、その中から一人ひとりの目的や希望のスタイルに合った語学学校を紹介してもらえます。全国30カ所にある支店にて準備から出発までのサポートをしてもらえるのも嬉しいポイントです。

【学校の特徴】
・場所:マニラ、ゼブ島、クラーク
・住環境:学校によって異なる
・費用:1週間48,300円~
・その他:日本人スタッフ常駐、セブ中心地



まとめ

いかがでしたか? 2カ国留学に興味を持たれた方は多いのはないでしょうか? 私自身もぶっつけ精神でフィリピン→カナダと2カ国留学に挑戦しましたが、どちらも行ってよかったと心から思っています。英語の勉強だけでなく、現地の文化や習慣に生で触れることができたことは一生の宝物になります。ぜひ、興味がある方はチャンレンジしてみてくださいね。

関連記事

  1. ワーキングホリデーとは? 国や年齢制限などの基礎知識
  2. この英語アプリはスゴイ! たった1200円で英文法が丸わかり
  3. オンライン英会話のおすすめランキング!人気の6社を徹底比較
  4. ホームステイの不安をなくす3つの心得
  5. ワーホリで学校に行かないと後悔!? 何が学べるかを総まとめ
  6. なぜ女子はワーホリに行くの? ワーホリ女子の4分類
  7. 失敗しない留学エージェントの選び方。オフィスが日本か海外かの比較…
  8. 留学エージェントの比較。説明会でチェックするべき6つのポイント

よく読まれている記事

  1. 英語で学ぶ「プーさんの名言」。心温まる言葉に思わずほっこり
  2. 思わず手に取っちゃう! 女子のぼうけん心をくすぐる旅本6選
  3. ワーホリの費用を安くする方法。50万円で1年滞在も可能!?

楽しくてタメになる英語学習法

英語を活かせる仕事を見つける

  


  
PAGE TOP