すべて

ワーキングホリデーとは? 国や年齢制限などの基礎知識

Alexas_Fotos / Pixabay

Alexas_Fotos / Pixabay

ワーキングホリデーには選べる国や、年齢制限などいくつかの決まりごとがあります。100人いれば100通りの過ごし方があるといわれるワーホリライフ。あなただけのオリジナルプランをつくっていきましょう!

ワーキングホリデーの対象国は、14ヵ国・地域

working-holiday-country
ワーキングホリデーとは、誰でも申請(*)ができ、1年間(イギリスは2年間)の海外での生活を体験できる制度のことです。日本では、昭和55年(1980年)にはじめてオーストラリアとの間でワーキング・ホリデー制度を導入されました。以降、ニュージーランド、カナダ、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港、ノルウェー、ポルトガル、ポーランドが加わりました。

現在では、14か国・地域との間で同制度を導入しています(2015年7月13日時点)。ワーホリビザを利用して年間で約2万人の若者が海外に渡航しています。今後はさらに協定国が増える予定です。

「働く」「学ぶ」「観光」 ができる特別なビザ

ワーホリビザの特徴は、何といっても現地で仕事をして収入を得ることが可能なこと。かつ、同時に学校へ通うことも、観光を楽しむこともできます。通常、海外で1年間過ごす場合は、ワーキングホリデイビザのほかに学生ビザと観光ビザ があるが、どちらも現地での働くことは許されていない。

また、正式な就労ビザを取得すれば働くことは可能だkが、ことらのビザの取得はさまざまな条件により取得が困難。そういった意味で、ワーホリビザは誰でも簡単に申請ができ、収入を得ながら自由に海外の生活を体験できる非常に特別なビザだといえる。

ワーキングホリデーに参加には年齢制限がある

ワーホリの大きな申請条件として、査証申請時の年齢が18歳以上30歳以下でなければいけない(オーストラリア、カナダおよび韓国との間では18歳以上25歳以下ですが、各々の政府当局が認める場合は30歳以下まで申請可能)。カナダとニュージーランドでは6ヵ月以内、オーストラリアでは4ヵ月以内しか学校に通うことはできない。

また、台湾や香港では同一の雇用主のもとでの就労が禁止されていることや、オーストラリアでは6ヵ月以内での就労のみなど、国・地域によって就学・就労期間の制限があるので、事前にチェックが必要です。

basic-info

関連記事

  1. この英語アプリはスゴイ! たった1200円で英文法が丸わかり
  2. ホームステイ期間は短めがベスト。エージェントが教えてくれない裏事…
  3. ワーキングホリデー出発前の勉強が英語をグンと伸ばすコツ
  4. 【年齢の不安】20代後半こそがワーホリの適正年齢!?
  5. 英語学習におすすめの映画6選。リスニングアップに効果あり
  6. ワーホリで学校に行かないと後悔!? 何が学べるかを総まとめ
  7. 少しでもお得なエージェントを探すならココを見る!
  8. 英語力をつけるなら2カ国留学。初心者でもグンと伸びる最短学習法

よく読まれている記事

  1. 海外へのお金の持って行き方。安全で損のない方法とは?
  2. 旅行英会話のキーフレーズ! “Can”の使い方さえ知っておけば◎
  3. この英語アプリはスゴイ! たった1200円で英文法が丸わかり

楽しくてタメになる英語学習法

英語を活かせる仕事を見つける

  


  
PAGE TOP