すべて

なぜ女子はワーホリに行くの? ワーホリ女子の4分類

Counselling / Pixabay

年間で約2万人に利用されているワーホリ制度ですが、なんとその7割は女性です! 果てして、なぜそんなに多くの女子が海外へ向かうのでしょうか? 以前のブログ記事で、多くのワーホリ中の女子に反響をいただいた「ワーホリ女子の4分類」を再度まとめ直しました。みなさんはどのタイプに入るでしょうか?

ワーホリ女子の4タイプ

ワーホリ女子4分類2

01. 語学力向上タイプ
(英語目的)

英語力のスキルアップを目指して海外に出るワーホリ女子。もともと日本で語学学校に通っていた、仕事に英語のスキルが必要という人が多くみられます。周りに比べて英語に対する意識が高いため、学校、バイト、交友関係とすべてに対して英語力アップを目指して全力で取り組む積極的な姿勢が魅力です。

[主な年齢層]

・大学を休学してきた学生さん
・20代の社会人で仕事に英語が必須な方
・英語を活かした仕事に就きたい方

[特徴]

・英語を話すことに非常に意欲的
・学校でもバイト先でもとにかく英語が一番の目的
・外国人の友だちが多い

[アドバイス]

・英語が母国語の方たちと一緒に働ける環境、またお客さんとできるだけ英語を使って接客するバイトを探す。
(バイトは見つかったけど、想像してたより英語使えない…と思いつつズルズル時間が過ぎていく方が多いです)

02. 職人タイプ
(キャリア・アップ目的)

何か職業上の目標があってワーホリビザを使い海外に出るタイプ。もともと日本でやっていた専門の職業や知識を生かして、自分がどれだけやれるか試したい方などが多いです。将来的には、海外経験を活かして起業したい、海外で活躍したいなどという将来のキャリアに対して高い意識を持っています。

[主な年齢層]

・新卒
・専門職を経験した20代後半の方

[特徴]

・4分類のなかで秀でて覚悟と決心が強い
・向上心が高い
・一人でなんでもできるタイプ
・システムエンジニア、Web関連、美容師など

[アドバイス]

・キャリアアップに最適な環境が整った渡航先を探す
・帰国後のプランをできるだけ明確にしておく

03. 放浪タイプ
(旅行目的)

とにかく海外が好き、旅行が好きといったバックパッカータイプ。街を変えながらのんびり滞在型。1年のビザ期間が終わったら、他の国でさらに旅を続ける…という長期の滞在計画の人が多い。

[主な年齢層]

・20代後半

[特徴]

・社交的
・一人で計画・行動できる一匹おおかみ
・何事も縛られるのが嫌いで、自由が好き

[アドバイス]

・自分=答えの方々が多いのでアドバイス必要なし

04. 修行タイプ
(リフレッシュ目的)

とくに英語やキャリアアップが目的ではないけど、一度海外に出て、自分を外から見つめ直したい。また、結婚や出産、30歳までにやりたいことをやっておきたい、というアラサー女子の方。4分類のなかでも意外に(!?)このタイプの方が多いようでした。

[主な年齢層]

・20代後半

[特徴]

・旅行好き
・手に職がある方(看護師さんとても多いです)
・日本での仕事が忙しかった方 *
・パートナーがいないので気軽に旅ができる方 *
*わたしがワーホリで出会った友達の傾向です(笑)

[アドバイス]

・出発前に小さなことでもいいのでなにか目標を立てる
・帰国後のプランを立てておく

旅の目的に合ったプランが大切

いかがでしたか?当てはまりそうなタイプは見つかりましたでしょうか?ワーホリや留学に行く目的や目標によって事前に準備するべきことも変わってきます。充実した海外生活が送れるよう、自己分析を含め万全の準備を進めていきましょう。

関連記事

  1. ワーホリの協定国は14ヵ国。おすすめ&人気の3ヵ国を比…
  2. 女子の長旅へ。持って行ってよかった美容アイテム5選
  3. 留学エージェントとは? 利用するメリットとデメリット
  4. 長時間フライトの必需品。快適に過ごすための服装とコスメ
  5. ホームステイの不安をなくす3つの心得
  6. ホームステイ先の探し方。手配から滞在までの基本の流れ
  7. 英語で学ぶ「プーさんの名言」。心温まる言葉に思わずほっこり
  8. ホームステイ期間は短めがベスト。エージェントが教えてくれない裏事…

よく読まれている記事

  1. ホームステイ先の探し方。手配から滞在までの基本の流れ
  2. “無料エージェント”の不思議。有料エージェントとは何が違う?
  3. ホームステイ期間は短めがベスト。エージェントが教えてくれない裏事情

楽しくてタメになる英語学習法

英語を活かせる仕事を見つける

  


  
PAGE TOP