英語

劇的に記憶力アップ!3週間でTOEIC単語1000をマスター!

Unsplash / Pixabay

TOEICのスコアアップを目指す人にとってまず壁になるのが単語力。いろんな単語帳を買ったけど、どうしても覚えられないという人も少なくないはず。じつは、人間には1日かけて暗記したことでも翌日には半分以上を忘れてしまう「忘却曲線」という特性があります。逆を言えば、この「忘却曲線」の仕組みを理解して、逆に味方にすれば、短時間で1000の単語を暗記することも可能です。

単語を効率よく覚える方法

『暗記』ではなく『記憶』するための反復練習

以前に、言語学の先生に「言語を習得したいなら”暗記”ではなく”記憶”しなさい」と言われたのを覚えています。多くの人は新しい単語を覚えるときにひたすらノートに書いて覚える方法をとりますが、これでは1日に100語覚えても、翌日には半分の50語を忘れ、翌々日にはさらに半分の25語さえ…といったように、せっかく頑張って覚えたものもスルスルと忘れてしまいます。でも大丈夫! 忘却曲線を食い止めるカギは「反復」すことです。

1日に覚えるべき理想の単語数

例えば、多くのTOEIC初心者の方が実践しているのが、1日に10〜20コほどの少量の単語を覚える方法です。この方法だと、1日目に覚えた10単語は翌日には半分、その翌日にはさらに半分…といったように、週間後に覚えているのは10のうちに1コという非常に効率の悪い方法になります。

一方、上級者の方が多く実践しているのは、1日に100語やってしまうという方法です。その代わりに、その100語を1週間毎日繰り返し勉強します。いえば、「忘却曲線」によって忘れてしまう前に、毎日同じ語を”反復”することで、脳に定着させるという方法です。実際に、多くのTOEIC講師や高得点保持者の方が推薦している方法です。

もっと短い期間で覚えたいならもう一工夫

ただし、この方法だと1000語覚えるのに約10週間かかってしまうことになります。わたしの場合、単語だけに約10週間も時間を使うのも嫌ですし、何より1週間も同じ単語ばっかりやるのは飽きてしまうと思ったので、他の方法で「反復」したところ、3週間で1000単語を記憶することができました。次の章で詳しくその方法をご紹介します。

最短で暗記する3ステップ

50単語を3日間で完全消化

わたしが実践した方法は次の3ステップ。①1日で50単語を覚える、②翌日に「音声」と「ブツブツ作戦」で復習、③翌々日にチェックテストを行う。1日に100語というと少しハードルが高く思えますが、50語ならお昼休みや夕食後の時間に終わらせることのできる現実的な数です。

STEP1.1日で50単語を覚える

まず1日目は、単語帳を開き1〜50個の新単語をノートに書くなり、読み上げるなり個人の好きな方法で覚えていきます。この際、英語→日本語で訳せるように覚えていきましょう。

STEP2.「音声」と「ブツブツ作戦」で復習

②翌日は、昨日覚えた1〜50の単語を反復します。オススメの方法は、「音声」を使って音として耳に慣れさせる方法と、実際に「口に出す」方法です。音声は、最近の売られている単語帳のほとんどには無料でCDやダウンロード音声などがついていますので、お持ちのデバイスに保存して暇があれば常に聞くようにします。この作業を繰り返すことによって、1日目に覚えた単語がノートの上の書き文字としてでなく、頭の中に音として定着していくのを感じられます。

次に、口に出して覚える方法ですが、わたしはこれを「ブツブツ作戦」と呼んでいます。なぜ、ブツブツかというと、常にブツブツ、ブツブツひとりでつぶやいているからです。(笑) 周りから見るとちょっと怪しい人に見えてしまうかもしれませんが、ここでは気にしないでください!(わたしは外出時はマスクをして口元を隠してつぶやいています!) 

1日目に覚えた書き文字に加え、耳で鳴らした音声、最後に自らの発音が揃うことで、ただの暗記ではない活きた英単語が身についていきます。また、自分で例文を作ってつぶやいてみるというのも効果的。はじめは文法などは気にせず、”英語を使えている自分”を楽しむのもモチベーションを上げる大切なことです。

STEP3.チェックテストをする

翌々日は、1日目、2日目と覚えてきた1〜50の単語のチェック・テストを行います。ここで重要なことは、覚えられていない単語が見つかった場合です。すでに忘れている単語があれば、どこにでも持ち運べるくらいの小さなメモ帳を買って、そこにすべて書き溜めていきましょう。授業や仕事の合間、自宅でゆったりしている時などに常にこの自作単語帳を繰り返し目を通しておけば、目標の英単語をほぼ100パーセントに近い確率で修得することができます。

以上の①50単語暗記→②音声と発音で反復→③チェックテストを繰り返せば、3週間で1000単語を覚えるのも難しいことではありません。ただし、この方法を成功させるためには、反復を途切れさせないこと。何度も繰り返しますが、どんなにがんばって暗記していても翌日には半分以上は忘れてしまいます。「忘却曲線なんかに負けるか!」の気持ちでがんばって継続しましょう!

単語を覚えるのにオススメな単語帳&アプリ

TOEIC頻出用語をおさえるならこの1冊

TOEIC学習者なら誰もが知っている、TOEIC単語帳のなかで最も人気のある1冊『金フレ』。この中に載っている1000語さえおさえれば、リーディング・リスニング共にほとんどの出題問題を理解することができます。CD音声も付いているので復習にもとっても便利!

『新TOEIC Test 出る単特急金のフレーズ』

800点以上の高得点を狙うならコレ!

基本用語は抑えてる、という方にオススメなのは以下の2冊。こちらもTOEIC学習者の方から高評価で、高得得点を狙うための必須英単語がまとめられています。ただの単語の一覧ではなく、学習者が覚えやすいよう例文・類義語・派出語など内容が充実しているところが特長です。

『TOEIC Test 900点突破必須英単語』


『TOEICテスト 860点突破のための英単語と英熟語』


『TOEICテスト990点満点達成のための英単語と英熟』

時間をかけて確実に覚えたい人はコチラ!

ノートに向かってコツコツ暗記するのが苦手!という方に、ぜひオススメしたいのがこちらのアプリ。わたしの大好きな英語講師の坂木先生の単語専用アプリです。なんと、全2200単語のひとつひとつに、単語の意味から、成り立ち、文章の作り方まで動画で解説してくれる神アプリ。1200円をはるかに超える価値があります。


『GENIUS動画英単語2200』

3週間で1000単語のスケジュール

voca

関連記事

  1. 各国の英語の訛り・発音・アクセントを比較
  2. 旅行英会話のキーフレーズ! “Can”の…
  3. ワーキングホリデー出発前の勉強が英語をグンと伸ばすコツ
  4. 英語で学ぶ「プーさんの名言」。心温まる言葉に思わずほっこり
  5. リスニングに効果大!英語学習におすすめな洋楽5選
  6. 英語学習におすすめの映画6選。リスニングアップに効果あり
  7. 3ヵ月でTOEICスコアを400点アップさせた勉強方法【予定表付…
  8. オンライン英会話のおすすめランキング!人気の6社を徹底比較

よく読まれている記事

  1. 英語で学ぶ「プーさんの名言」。心温まる言葉に思わずほっこり
  2. ワーホリの国選びのコツ。あたにピッタリの渡航先を見つけよう!!
  3. 思わず手に取っちゃう! 女子のぼうけん心をくすぐる旅本6選

楽しくてタメになる英語学習法

英語を活かせる仕事を見つける

  


  
PAGE TOP