すべて

ワーホリの費用を安くする方法。50万円で1年滞在も可能!?

stevepb / Pixabay

ワーキングホリデーを目指すにあたって誰もが気になる費用のことです。一般的には、150〜250万円と言われていますが、今回はわたし自身のカナダでのワーホリ経験をもとに費用を最大限に抑えての渡航方法についてお話しします。

ワーホリの費用は目的やプランによって大きく異なる

わたしが出発前に回った説明会では、カナダの場合は約150〜250万円程度が平均のワーホリ費用でした。ただ、実際にカナダに行き、さまざまなワーホリ生に出会って気づいたことは、個人の目的やプランにによって大きく変わってくるということでした。ちなみに、わたしが約半年カナダのワーホリ費用は以下の通りです。

【実際にかかった費用】
・渡航費(往復) 20万円(目的地、期間によって大きく変動)
・海外旅行保険(1年間) 20万円(保険会社、プランによって異なる)
・学費(3ヵ月) 35万円
・ホームステイ費(3ヵ月) 26万円
・生活費(3ヵ月) 24万円
 合計 125万円
*3ヵ月目以降はバイトの収入で生活

わたしの場合は、ワーホリの平均予算に近い費用がかかってしまいました。その一方で、現地で出会った人のなかには日本で準備したお金は50万円以下という友人もいました。その人の大まかな内訳は以下のとおりです。

【50万円に抑えた場合】
・渡航費(往復) 20万円
・海外旅行保険(1年間) 10万円
・滞在費(1ヵ月) 5万円
・生活費(1ヵ月) 10万円
 合計 45万円

節約のキーワードは「学費」「滞在費」「保険料」

1.学費を削る

わたしの場合は、最初の3ヵ月間は現地の語学学校に通っていましたが、学校に通わない友人もたくさんいました。そういう方たちは、日本にいるときから英語の参考書を読んだり、ウェブ英会話などを利用して自分で勉強をして、ワーホリ中は旅行や遊びにお金を使いたいと計画していました。

2.滞在費を削る

学校に行かなければ、現地についてすぐに仕事をはじめることができるので、実際には日本から持ってきたお金のなかから最初の1ヵ月分しか必要ありません。それ以降は、現地でのバイトの収入で生活することができます。

3.海外旅行保険を削る

保険料はプランや会社によって料金の幅は非常に広いです。わたしは比較的しっかりと補償の付いたプランを選んだので約20万円ほどかかりました。ただ、もしそんなに細かい補償は必要ないという方は安ければ約10万円〜のプランもいくつもありました。さらに、日本ではなく現地の保険会社を利用すればさらに安くで済みます。ただ、大抵は値段が高いほどプラン内容も充実しているのが実情です。健康や安全に関わることですので、費用面と安心面をしっかり考えて選べるといいですね。

ドミトリー付きの仕事を探す

さらに、費用をできるだけ抑えたいけど、せっかくの海外でギリギリの生活はしたくない!という方にぜひおすすめしたいのがドミトリー(寮)付きのバイト先で働くこと。実際に、わたしもドミトリー付きの職場でバイトをしていたので、とても経済的に助けられました。

カナダの場合は、一般的なアパートやシェアハウスに住めば月5〜10万円ほどかかってしまいますが、ドミトリーだと月3万円だけでした。また、職種によっては1日3食付きのドミトリーもあるようなので、ぜひ職場の雇用条件などもチェックして、よりよい節約プランを練ってください。ちなみに、そのときのわたしの生活費は以下のとおりです。

【バイト時の生活費】
・アルバイト代 約15万円(時給$13×1日5時間×週6日)
・家賃 3万円
・生活費 4万円
 収入15 – 出費7万円 = 残額8万円

毎月8万円ほどの貯金ができたので、金銭面を気にすることなくカナダのグルメや観光を満喫することができました。多くのワーホリ生は、働いて貯めたお金で、帰国前の周遊旅行や、スキルアップためにもう1度学校に通ったりしています。みなさんも、貴重なワーホリを無駄にしないためにも、有効な節約プランを考えてみましょう♪

インターンシップなら確実に仕事が見つかる

「現地で仕事が見つかるか不安…」という方には、「有給インターンシップ」に参加するのがおすすめ。一般的にワーホリ出発前に仕事を見つけていくことはできませんが、インターシップという形で日本にいるときから見つけておくことは可能です。

ネットで検索すればインターシップを斡旋しているエージェントがいるので探してみましょう。ただ、約20万円ほどの申請・斡旋料がかかる、出費を抑えたいという方にはおすすめできません

関連記事

  1. ワーホリの協定国は14ヵ国。おすすめ&人気の3ヵ国を比…
  2. ワーキングホリデー出発前の勉強が英語をグンと伸ばすコツ
  3. ワーキングホリデーとは? 国や年齢制限などの基礎知識
  4. 各国の英語の訛り・発音・アクセントを比較
  5. 旅行英会話のキーフレーズ! “Can”の…
  6. オンライン英会話のおすすめランキング!人気の6社を徹底比較
  7. 女子の長旅へ。持って行ってよかった美容アイテム5選
  8. この英語アプリはスゴイ! たった1200円で英文法が丸わかり

よく読まれている記事

  1. 英語力をつけるなら2カ国留学。初心者でもグンと伸びる最短学習法
  2. バイリンガールちか !「日本人が苦手な発音」を克服する動画5選
  3. “無料エージェント”の不思議。有料エージェントとは何が違う?

英語学習アプリ|おすすめランキング

  1. 動画英文法2700
  2. GENIUS動画英単語2200
  3. TED Audio Book
  4. NHK WORLD RADIO JAPAN
  5. Real英会話

楽しくてタメになる英語学習法

英語を活かせる仕事を見つける

  


  
PAGE TOP