すべて

失敗しない留学エージェントの選び方。オフィスが日本か海外かの比較

FirmBee / Pixabay

留学エージェント選びをするときの悩みどころの1つが国内に拠点のある「日本エージェント」か、海外にオフィスがある「現地エージェント」にするかということ。両者の特徴を見比べてみて、どちらのタイプが自分に合っているかを確認しましょう!

日本エージェントってなに?

日本エージェントとは日本にオフィスを置く留学エージェントをいいます。以前は、この日本エージェントの多くは、大規模企業がほとんどでした。これらのエージェントは大々的な広告などを打ちますので、経営に費用がかかるため、ワーホリの手続きや申請を数万〜数十万の手数料をもらって行う「有料エージェント」がほとんどでした。

ところが、2000年以降、ネットの普及などの影響で無料エージェントが急増ししました。それが原因で有料エージェントの経営は困難になり、現在では日本国内にオフィスを構えて手数料無料でサービスを行う「無料エージェント」も少なくありません。
そのため、現在では、日本エージェントといっても、いくつも拠点を持つ大規模企業から、少人数で経営を行う企業などさまざま。さらに、「無料エージェント」と「有料エージェント」が混在している状態だといえます。

日本エージェントを利用する大きなメリットは、国内に拠点があるため、日本にいるときの説明会や、カウンセリングなど出発前のサポートが充実していることです。一方、海外には拠点がないため、出発後のやりとりはメールや電話でになってしますというデメリットもあります。

現地エージェントってなに?

海外に拠点をもつ留学エージェントのことです。これらのエージェントのほとんどは中小規模の企業になります。経費を抑えるため派手な宣伝・広告も行っておらず、「手数料ゼロ」を掲げる無料エージェントであることが多いです。

現地エージェントを利用するメリットは、出発後に現地に着いてからサポートを受けられること。また、現地に住んでいるカウンセラーが対応してくれるので、よりリアルタイムの現地情報を得ることができます。エージェントによっては、オフィスを留学生向けに自由に解放しており、荷物の一時預かりや、書類のコピー、仕事探しや家探しの相談、留学生同士の交流イベントの開催など、さまざまなサポートをしてくれるところもあります。海外にいて困ったときに頼れるので安心です。

デメリットとしては、出発前の相談がメールや電話のみになってしまう点です。人によってはそれが手間だったり、安心感に欠けるといった場合もあります。

両方にオフィスも持つエージェントの場合

なかには日本にも現地にも両方オフィスを持つというエージェントもあります。出発前には日本のオフィスで相談やカウンセリングをしてもらい、出発後は困ったことがあれば現地のオフィスに駆け込めるといった万全のサポート環境が整っています。

ただ、こういった日本&現地エージェントを選ぶときに気をつけないといけないのが、日本のエージェントが海外にある留学エージェントに「業務委託」している場合です。つまり、公には「日本と海外の両方にオフィスがあるので安心です!」と言いながらも、実際は海外にはオフィスは持っていないけど、現地のある他のエージェント会社にサポートをお願いしているということです。

この類のエージェントを利用した場合のデメリットは、「日本の説明会で聞いたサービスと実際に現地で受けられるサービスに違いがある」と成り兼ねないことです。また、実際は2つのエージェントを通していることになりますので、その分多めの手数料を取らている可能性もあります、もし気になる方は「現地のオフィスは御社の支店ですか? それとも業務委託ですか?」と聞いてみると安心です。

語学学校の申請方法は全部で4通り

以上をまとめると、語学学校を申し込む方法は、自分1人でぜんぶ手配する、日本エージェントを通す、現地エージェントを通す、日本と現地の両方にオフィスをもつエージェントを通すの4通りです。

費用面では、エージェントを通さずに自分でやる方法は事務手続きなどの手数料が一切発生しないので、一番お得な方法だと言えます。ただし、多くの学校はエージェントを契約を結んできるため、エージェントを通さないと入学できないことも。

結果的に、まとめとしては1番お得な方法としては「無料エージェント」に相談してみることをオススメします。同じ「無料」でも、会社によって請求の額はさまざま。複数のエージェントに同じ条件で見積もりをお願いして、できるだけお得なエージェントを探してみましょう。

4つの流れ

もし、できるだけ費用を抑えたいからとりあえず自分で聞きたい!という方は、直接現地の学校へ、エージェントを通さず申し込みは可能か?、値段交渉は可能か?などと問い合わせてみてください。

関連記事

  1. なぜ女子はワーホリに行くの? ワーホリ女子の4分類
  2. 旅行英会話のキーフレーズ! “Can”の…
  3. ワーホリビザの申請方法と提出書類のまとめ
  4. 英語力をつけるなら2カ国留学。初心者でもグンと伸びる最短学習法
  5. ホームステイの不安をなくす3つの心得
  6. 海外へのお金の持って行き方。安全で損のない方法とは?
  7. リスニングに効果大!英語学習におすすめな洋楽5選
  8. 女子の長旅へ。持って行ってよかった美容アイテム5選

よく読まれている記事

  1. ワーホリで学校に行かないと後悔!? 何が学べるかを総まとめ
  2. ワーホリに必要な費用。3ヵ月語学学校に通った場合のモデルケース
  3. ワーホリの費用を安くする方法。50万円で1年滞在も可能!?

楽しくてタメになる英語学習法

英語を活かせる仕事を見つける

  


  
PAGE TOP